先日、ノラ・ジョーンズの武道館ライブへ。原点回帰とも言うべきジャジーな新譜「Day Breaks」を引っ提げてのツアーということで、最新アルバムからの曲はもちろん、デビュー作「Come Away With Me」や「Feels Like Home」からの曲も結構演ってくれて、大満足な一夜に。「Don’t Know Why」は素晴らしいの一言。

ちょっと懐かしいTVCM見つけたので。 好きだったなぁ。

SUNRISE

By in food

スパークリングワイン、ジャケ買い。

由良

By in food

JR大井町駅から徒歩10分程度に位置する「魚菜 由良」。友人夫婦に誘われ初めて行きました。予約だけで2、3か月先まで埋まってることもあるんだとか。

今年のクリスマスに azumi のスペシャルライブへ。 ゲスト出演した椎名順平氏が azumi とのデュエットでダニー・ハサウェイ&ロバータ・フラックの「The Closer I Get To You」を歌ってくれました(ちなみにイントロにサビの部分だけ名曲「Where is the Love」も!)。

今年も行ってきました。ディズニーランドのハロウィーン。

ここ数年で Web におけるレイアウトデザイン、とりわけ UI 設計の世界は大きく様変わりしてきている。CSS フレームワーク「Bootstrap」の台頭によって、デザインはデザイナーのみならず、エンジニア、プログラマーにまでその表現の領域、可能性を広げ、今ではすっかりスタンダード化している状況だ。私の経験では Bootstrap による画面構築は一長一短、メリットもあれば、デメリットもあると言える。要は使いようということになるが、導入には詳細なレイアウト、システム設計が必要だと思う。

エリック・クラプトンの武道館ライブへ。「Layla」は演らなかったけど、「I Shot The Sheriff」は凄かった。

妻と久しぶりの東京ディズニーランドへ。念願(!?)のアトラクション「プーさんのハニーハント」をついに体験。ディズニーアニメーション「くまのプーさん」の舞台となった100エーカーの森を冒険するライド型アトラクションで、定員5人乗りの乗り物「ハニーポット」に乗って、あの特有の世界観を体験できる。筆者は何より無類のくま好きのため、アトラクションに入った瞬間、自分でも信じられないくらいのハイテンション状態に。。。

このクオリティ、すごすぎます。TDLのポップコーンバケット。

蒲田駅のグランデュオで期間限定オープンとなっていた「ムーミンショップ」で購入したクッション。ちょうど家のソファに合うクッションを探していたこともあり、半ば衝動買いに近い感覚で購入しました。

東京で働き始めて知ったこと。ビールって、ホントにいろんな種類があって、飲み比べて楽しむものなんだね・・・。

「好きな音楽?」と聞かれたらいろいろと答えが浮かぶけど、「好きな音楽の聴き方は?」と聞かれたら、一つしかない。ボリュームを小さめにして、休日のくつろぎの時間に、70年代ニューソウルをかける。ちょっとカッコつけな言い方だが、その言葉が似合うほど、ニューソウルってのはさりげなくBGMとして流すのが一番カッコいい。ニューソウルと言えば、マーヴィン・ゲイやダニー・ハサウェイ、スティーヴィー・ワンダー、カーティス・メイフィールドなんかが当てはまるわけだけど、その流れを組む現代のミュージシャンといえば、ディアンジェロしかいない。この「Brown Sugar」は彼の90年代の作品。

友人らと六本木ヒルズのスター・ウォーズ展へ。デススターの完成度が凄くて、やばいくらいテンション上がりました。右下のダースベイダー卿の絵、タイトル『後悔』なんだと。いい、ね。

日常雑貨や家具などを扱うショップ「B・B・B POTTERS」。福岡市薬院にあるお気に入りのお店。2Fにはカフェも設置されていて、思い切り雑貨を楽しんだあとにカフェで一息つくのが定番の流れ。お散歩がてら、家から徒歩で30分くらいかけて歩いていくことが多いです。

地元の大濠公園近くにあるイタリアンパンのお店。週末は店内で昼食をとったり、家からすぐの場所にあるのでテイクアウトしたりしているお気に入りのパン屋さん。

最近クレイグ・デイヴィッドの2nd、3rdをアナログ盤で購入。聴かなくなって、もうかれこれ10年経つのね・・・。特に3rdは好きです。もともと2ステップの貴公子なんて言われ方で売れた英国アーティストですが、マーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダーの再来とまで言われたシルキーヴォイスはこの3rdで絶頂を極めます。

鬼才デイヴィッド・フィンチャーの新作「ゴーン・ガール」観てきました。フィンチャー監督の新作ということで、公開前からかなり気になっていたので、とにかく期待しまくって映画館へ。しかもレイトショー。感想は・・・想像以上にヘビーでした。内容は何となく前情報だけ仕入れていたのですが、思っていた以上にテーマというか、人の根底にあるどす黒い部分の描写がハンパなく・・・。

二見ヶ浦海岸の近くにあるビーチカフェ「PALM BEACH CAFE」へ。ここは前撮りの時に撮影に使った場所。

宇宙旅行をテーマにした映像作品「WANDERERS」。スウェーデンの映像作家によるもので、実際の宇宙写真を使って作成されているらしいから余計にリアリティがある。

Bloom where God has planted you. If the occurrence which does not become satisfactory in life is encountered, we are attached to the thing and will fit into the loop of negative thinking. However, then, a problem is not solved. For the time being, I bloom at the placed place.

国境を越え、人種を越え、文化や宗教も越えて、世界中のミュージシャンがひとつの楽曲を歌い、奏で、つないでゆく音楽プロジェクト=「PLAYING FOR CHANGE」。

今年のクリスマス用に新しくオーナメントを購入。どちらかと言うといつも抑え目な配色の(ブラウン系の)ものをチョイスするんですが、今年はビビッドな赤にしてみました。

本日は会社のイベントで「釣船茶屋ざうお」にてバーベキュー。来月の社内バレーボール大会に向けての練習も兼ねて、ということで久々のビーチバレー。もう季節は秋なので肌寒い感じではありますが・・・それでも若手から中堅まで砂まみれになりながら白熱。

対日ハム、クライマックスシリーズ第4戦。見事勝利!

会社のリフレッシュ休暇を利用して、唐津の温泉旅館へ行ってきました。当初は2泊3日で東京・横浜を計画していたのですが、あいにく大型台風の直撃により断念、急きょ唐津の温泉に予約を取り、1泊2日の小旅行に切り替えました。

ダニー・ハサウェイの死後にリリースされた作品なので、ダニー自身がこの作品が世に出回っている事実をどう受け止めるのかはわからないが、僕自身としてはこの作品がリリースされたことに対して少なくとも感謝したいと思っている。ダニー・ハサウェイの最も有名な作品である「LIVE」の未収録音源を中心に、バラードの曲が収められたこの作品は「LIVE」と比べても落ち着いていて、聴く人によっては物足りない面もあると思う。

間違いなく歴史的名盤、R&Bにおける金字塔としてもあまりにも有名なローリン・ヒルの99年作「Miseducation of Lauryn Hill」。この作品がリリースされてもう15年もの月日が流れている。

親父と飲むのは2~3ヶ月に1度のペース。行きつけの百年橋の「花福」はアットホームでにぎやかなお店だ。

今日は気分転換にジムへ。半月ぶり・・・おニューのアディダスでランニング!なんか、このシューズいい感じ。基本、やっぱり青が好きやわ。